20120312
RCサクセションのカバーズというアルバムが発売された時、23歳でした。
古い洋楽のカバーアルバムなんですが、とっても好きなアルバムで、中でもラブミーテンダーは大好きな曲のひとつでした。
ラブミーテンダー、と歌われる部分を、何言ってんだーと言い換えた、ものすごーくふざけたその直後に、衝撃的な言葉が続きます。


      何言ってんだ ふざけんじゃねえ 核などいらねえ
      何言ってんだ よせよ だませやしねえ


このあとも、シンプルにして強烈な歌詞が、これでもかというぐらいどんどん続いていきます。
誰が聴いてもすぐに分かる言い方で、今まで言えなかったことが歌われていく・・・この曲を聴くそのカタルシスはとんでもないものでした。
その言い方は、反核という内容と同時に、身も蓋もなく全て言うんだ、そして絶対に伝えるんだ、というその姿勢をも同時にこちらに伝え、聴く人に対してのある種の愛情を強烈に感じさせるものでした。
要するに、反核の歌でありながら、愛に満ちた歌でした。
そして信じられないことに、今なら当時よりもっとそのことがよくわかる気がします。
この曲は最後に、プレスリーの英詩のままで歌われる部分があるのですが、今日はこの部分を勝手に日本語訳したいと思います。
誰でも出来るような超簡単というか、訳す必要も全然ないんですけど、でもやりたいのでやります!!


      やさしく愛して ほんとうに愛して
      決して僕を離れさせないで
      僕のかわいい恋人 愛しているよ







ブログ更新 やさしく愛して | 02:55 | comments(4) | BOT
良い文章です。
感動しました!
せんじゅ | 0312 | 09:55
せんじゅさん
ありがとうございます!またキンミヤホッピー行きましょー!!!
イチロー | 0312 | 23:41
清志郎さんの声って、気持ちに入ってくる声ですよね。一郎さんの日本語訳も良いですー。
izumi | 0313 | 08:24
izumiさん
そうなんですよねーあの声・・・やられますよねー!!!日本語訳、頑張りましたー(笑)!
イチロー | 0313 | 23:06




skin / uterus